好きなことをだらだら書くブログ
最近東方の事しか書いてない

Twitter

 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東方同人誌感想とか書いてみよう 770冊目

芦山文學さんの『明治××年代の想像力』

f:id:hanbunningen:20151014230708j:plain

 

猫ってのは

どれだけ高くから

落っこちても

怪我しない

これ、本当?

喋れたらなあ、

お前が…。

ためしに思いっきり

高いところから

投げてみていい?

 

まだ浮く程度しか出来ない霊夢。空に尾を引く物体に憧れ、もっと飛ぼうと思って練習しているものの…。

 

まだきちんと飛べない霊夢、ってのが結構新鮮な作品。飛べない霊夢は紫のアドバイスを聞き、香霖のアドバイスを聞き、文に分からない事を聞く。3名はそれぞれの言い方で飛ぶ事について霊夢に語るのだけども、文の言っている事が一番好きかもしれない。結局”空の物体は大したものじゃなかった”事を知った霊夢を文なりの慰め方で霊夢に語りかけるところ。あと香霖と紫が霊夢をめぐって会話するところはなんとなくこーゆかものとして通ずるところもあると思う。

 

最後まで霊夢はきちんと飛べるようにはならないし、”きちんと霊夢が飛べるようになって終わるんだろうなぁ”という予測が外れた本だけども、読むとこの終わり方がベストだったのではって思ってくる不思議。