好きなことをだらだら書くブログ
最近東方の事しか書いてない

Twitter

 

東方同人誌感想とか書いてみよう 1326冊目

あけましておめでとうございます。。。数ヶ月放置してましたが見ている人はいるのでしょうか。まぁたぶんいるという事で1326冊目。

イベントあるたびにちょくちょく買ってはいるけども感想は一向に追いつかない。。。

 

セグメントパズルさんの『ええっ!?あんた達付き合ってなかったの?』

【東方】「【秋季例大祭5新刊】もこけね本サンプル」/「ぽめ」のマンガ [pixiv]

f:id:hanbunningen:20190308013501j:plain

 

傍から見てどう見ても付き合ってる2人なのにまだ付き合っていないもこけーねな本

 

どこかしらになんかいやーな事があるような、仲が悪い子達がいるような東方のカップリング本ばかりなんかをまとめて読んでた中でこういう妹紅も慧音もいい人でしかないような組み合わせを見せられるとまたね。。。お互いの違いすらも喧嘩せずにきちんと話し合って受け入れられるこの2人はなんていい人達。みたいな事を思ってしまう。

東方キャラ達の設定を突き詰めてわるい事を考えなくてもいい2人はきっとどんなカップリングでも見られるのだ。

東方同人誌感想とか書いてみよう 1325冊目

あらもーどさんの『あの日読んだ本のようにあなたと』

f:id:hanbunningen:20181109192608j:plain

魔理沙とデート?するパチュリーさんがかわいい本

 

色々と勘違いしつつ、ネガティブにもなりつつ、期待もしつつ、なんだかんで魔理沙と一緒にいるのを楽しむパチュリーかわいいよね。。でも自分から絶対行かなそうだから絶対に距離はこのままっぽいのがまた。。そっちのがかわいいパチュリーが見られそうだからいいのだろうか? このパチュリーさんには気の毒だけどあまり先には進まない方がかわいいままのような。。でもまぁ報われたパチュリーさんもまたみたいよね。。。

 

東方同人誌感想とか書いてみよう 1324冊目

カンテラ水族館さんの『HEARTACHE』

f:id:hanbunningen:20181109185827j:plain

こわれたさとりさんが救われる話。

救われたよね?

 

あのゲームを明らかにモチーフにしている事を考えると、ところどころでつまずきそうになる時点のページでセーブ&ロードを繰り返してつまずいたままで救われないさとりさんの世界も垣間見えてなんというか。。。でもつまずかないで最後までいけたのはさとりさんの周りの人のおかげでもきっとあるから、きっとこのルートのさとりさんはなんだかんだで最後までいってくれるはず。。

やっぱりこわいルートにいってしまうさとりさんをちょっと考えてしまうけど。。

 

 

東方同人誌感想とか書いてみよう 1323冊目

アルミ缶さんの『博麗霊夢かくしごと

f:id:hanbunningen:20181109183853j:plain

魔理沙がすきなのを隠せない不器用な霊夢、なお話。

なんかコミュ障、とまでは言わないけども魔理沙にずけずけと言えないレベルでもじもじする感じ?の霊夢さんをひさしぶりに見たような気がする。いいたい事を言えない霊夢とか、魔理沙の事が好きな霊夢とかがかわいい。

boothのリンクを一応。。。

hakuorearumi.booth.pm

東方同人誌感想とか書いてみよう 1322冊目

いきてますよ。ぷよぷよeスポーツとスプラトゥーン2をかったらずっとそればかりやってるような。。。秋季例大祭も夏コミもいってるのでそれの感想を時間あるときに。。

 

泥舟海運さんの『ピッピースヘル』

 

f:id:hanbunningen:20181109181722j:plain


クラウンピースちゃんが紅魔館で使い魔にされそうなるお話。

レミリアと仲良く遊んだり、パチュリーにいいように扱われたりするクラウンピースがかわいい本、でもやっぱりクラウンピースちゃんは主人思いのいい子

あと1コマだけでてくる変なTシャツのレミリアがなんかすごいかわいい。ギャップがかわいいというかそんな感じがするあそこ。。

東方同人誌感想とか書いてみよう 1321冊目

C94本の感想書こうとおもいつつもなんかだいぶ時間がすぎてしまったり。。。

popricationさんの『レイマリスイッチ』

f:id:hanbunningen:20180928205617j:plain

レイマリ小ネタ集。

腐れ縁みたいなれいまりネタが短いページで描かれてる本。こういうれいまり本ってなんか最近少ないような気もするけどどうなんでしょう。普段の2人も可愛ければふとした瞬間に意外な反応をしだすれいまりもかわいいよね。。。

新潮45休刊について思う事 その2 誰のための休刊なのか。

前記事はなんで休刊するに至ったかをまとめています。今はこんな流れ知ってるよって人が多いと思いますが、数年後とかにこの記事にたどり着いた人のためにこういうのはまぁ必要だよね。。たぶん。。

hanbunningen.hatenablog.com

さて、そんなこんなで新潮45は事実上廃刊に近い休刊になったわけですが思うわけです。休刊する必要はあったのか?

 

いやまぁ記事がひどいのはわかるし、それによって不快な思いをされたLGBT方もたくさんいるのはわかります。だからといって「休刊によって不快な思いをしたLGBTの方を守る事ができたのか?」と考えると???ってなるよね。

あの一連の流れで休刊に至った事でLGBT叩きをしていた人達が「やっぱりLGBT叩きは悪い事だったんだ。やめとこう」ってなってLGBTの人たちが住みやすい世の中になると思いますか?「ちょっと言われただけでわめいてLGBTに対する言論を封殺している!」と思うだけだと思う。

自分が知っている限りでは批判者の中には休刊しろとまで言っていた人はいなくとも、休刊の判断は新潮社がやった事だとはいえども、この手のは言論弾圧だって言い出す人が絶対にいるよね。。一体どこの誰が弾圧したのか……批判する権利もあるでしょう。それに過剰反応したのは新潮社であって、批判した側が悪いなんて絶対なっちゃいけない。といいつつやっぱり休刊したおかげで「LGBTに触れるのはタブー」みたいに思っちゃう人が出てくるよねぇきっと。

 

また新潮45で他の記事を書いていた方や小川榮太郎だって守る義務が出版社にはあるのでは? あんな急に休刊する事は連載持っていた他の人達を見捨てるって事になるわけでなんでとばっちりを受けないといけないのみたいな嘆きもあるよねぇ。。特に新潮45は実録事件ものの連載を確か何度もやっていて、そんなん連載できる雑誌って他にほとんどないでしょうたぶん?たまに読むと面白いんだよねあの手の本。そういう文章の受け皿すらなくしてしまう事に対する責任はどうしたの?

honto.jp

 

結局「休刊によって何が守られたか?」って考えると「新潮社自身の評判と売上」って考えてしまうわけで、休刊する事によって自分の会社の延焼を防いだ(防ぎきれてないかも)。他の連載陣や記事によって不快な思いをした方々を守るのは二の次!みたいな感じになってすごくあれな気持ちになるよね。休刊によって結局守られた人たちはほとんどいないんじゃないかって。

 

じゃあどうすればよかったのかというと………?

どうすればよかったんでしょうねぇ?

そもそもあんな記事載せる前に気づくべきでしょうってのがあるけど。。