好きなことをだらだら書くブログ
最近東方の事しか書いてない

Twitter

 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東方彩幻想 プレイ日記 その9(EX直前のあのボス達について)

EXに行くために討伐すべきボスは全部倒したので一区切り。

負けたら戦略を考える前にステータスを上げて挑む、という非効率なプレイをしているのでかなり時間くった……。

 

というわけでパンデモニウムにいるあのボス達の話。ネタバレ注意

クエスト100とこのボス達がEX前の壁だよねやっぱり……。

 

・悪神四凶

f:id:hanbunningen:20160911022040j:plain

開幕無敵6ターン→全体無力攻撃というワンパターンに近いボス。なのに強い。

攻略wikiには無敵ターンを防ぐ役を用意してその後に攻撃すればいい。と書いてあるけども「その後の攻撃ターン」でも先制がとれずに無力にされてボコボコにされまくる。素早さが420000あるのでこの時点でこいつから先制をとるのはよっぽどドーピングしない限り不可能。なので、まずパーティー構成からしっかり考える必要があり。

 

まずパーティー無敵ターンの盾役(2人くらい)、相手に封印を入れるためだけの役(4人くらい)、攻撃役(残り全部)の3種類に分けます。基本的に最初に選んだ

 

16人パーティーを崩したくないので今使ってるメンバーだけでやりました。もっと効率がいい方法がきっとある。

 

・戦闘前に料理とお茶と宿屋でドーピング、お茶は攻撃を選択。

・戦闘開始後は盾役でひたすら耐える

絶対防御+ブレイブガード装備の紅美鈴、あとは適当にブレイブガード装備のこいし

美鈴に4ターン耐えてもらって、2ターンくらいはこいしに耐えてもらう。

・封印をぶち込むだけの役

蓮子、メリー、幽々子、魔理沙など割りと適当、全員に睡眠、封印、暴走付与をアビリティをつけて連撃のアビリティもあるだけつける。ブレイブガードもあるだけつける。

これでターン開始時に3人やられても1人生き残りさえすれば1ダメージだとしても封印が入る。ここでようやく攻撃パーティーに変更

・攻撃パーティー

霊夢、レミリア、フラン、咲夜。

霊夢は一応回復役、レミリア、フラン、咲夜は攻撃役という立ち回り。

 

デッキ構成は

武人、連撃(無双)、祝福(痛撃防止のため必要、ないならDランク勲章(地獄闘技場報酬)、めで太鼓で代用可)、シールアビリティ、スリープアビリティ、オーバーアビリティー、天運、ベストフレンド、ベストパートナー、(極光と金剛はあるだけつけておく、金剛がない分はブレイブガードorレジェンドガードで代用)でスペルを一切使用せずひたすら殴るだけ。人里でドーピングをしまくれば回復量>>相手から受けるダメージになるし、旧都でドーピングをしまくればかなりダメージが行くはずなので、これで倒しました。

 

・夢子

f:id:hanbunningen:20160911022212j:plain

旧都でフランにドーピングしまくった結果お茶効果加えて攻撃力60万超えになったし、他のキャラもそれなりに料理で強化したので全力でボコボコにして勝利。力こそ正義

 

・神騎

f:id:hanbunningen:20160911022253j:plain

EX前、最大の壁だと思う。

開幕物理無敵→状態無敵→全体無力と、最初のパターンは決まっているので3ターン目までのパーティー役割をまず決めておきます。戦闘前ドーピングも忘れずに。

 

かなり低い確率で封印が通るので1ターン目は封印スキル持ちのキャラ+1ターンでお付きを倒せるキャラのパーティーにします。自分の場合はパチュリー、さとり、魔理沙。フラン。

封印スキル持ちが神騎戦では一番貴重な戦力だと思うので、ブレイブガードなどをつけておいて、再優先で回復、復活させます。

ただし、1ターン目に封印通らない事が多いので通るまでひたすらリセットします(卑怯)

 

封印が通った後は物理無敵が消えるまで魔法パーティーに変更して、攻め続けます。物理無効が消える前に封印がたぶん解けるので、その時にまだ封印を入れます。

この時に注意するのがパーティーを封印役4人や封印役2人+攻撃役2人にするのではなく、封印役1人+デコイ役1人。という最低限な人数にしておく事。これで1ターンで封印が通らずに事故ったとしても被害が最低限で住済みます。

 

あとはひたすら封印する→攻撃する→封印するの繰り返し。ジリ貧になる前にステータスの暴力で倒せればこっちの勝利です。お付きは10ターンで復活するのでそいつを倒すための役も残ってるように。

 

さて、これでEXいけるようになったけどもここで燃焼感もあるしどこまでやろうかな。。魔幻想も結局EX最後のボス倒してないしね……