好きなことをだらだら書くブログ
最近東方の事しか書いてない

Twitter

 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安倍首相が「1分遅れた」、と怒った。らしいあの話題のこわさについて。

誰も読んでなさそうな時事ネタについての話題を続けるめんどくさい人です。

www.huffingtonpost.jp

 

さて、この話題について、まず安倍首相のFacebookからの引用。

…秘書です。

皆様からご心配やご質問を数多く頂戴し、某党の党首の方が「相当文句を言っていた。あれが首相の姿かと思うとがくぜんとする」などと述べられている「報道ステーションにおける党首討論」の件に関しまして、一言申し上げます

報道ステーションの対応にはあきれました。まず時間を守らない。昨日(21日)は「大分へのフライトの関係で18時終了を厳守して欲しい。」と出演交渉をしたところ、テレビ朝日側が「18時の終了を厳守するのでやりたい。」との収録時間の厳守を条件に了解しました。
にも関わらずこちらが席を立たなければならない事をわかっていて18時を過ぎてから質問を投げかけ、あたかもこちらが打ち切った様な印象を与える演出は卑怯です。
国会では総理が1分遅れても陳謝或いは散会になります。
みんなの大切な時間は守る事は社会人なら当たり前でしょう。
安倍さんが「時間だから」と言うまで延々とやるつもりだったのでしょうか。
そして民主党政権時の参議院選挙では菅首相(当時)はテレビ朝日の番組への出演を拒否していますので、テレビ朝日では党首討論は行われていません。
その事は伏せて「安倍総理の都合で報道ステーションでは選挙前に一回しか行われていない、もう一回」と言うのは実にアンフェアです。
菅政権の時はテレビ朝日では0回、テレビ党首討論は4回
対して今回行われる党首討論は先日行われたニコニコ動画を入れれば実に6回です。
その現実も伏せて安倍総理は党首討論から逃げていると印象操作はフェアではありません。
そして「何故この時期に設定したのか?」とのご質問ですが、期日前投票の利用する方々は現在有権者全体の25%にも及びます。
その利用者の方々が投票する前に各党の考え方を理解してもらう党首討論の開催を早く設定するのは世の流れとして当然と言えるでしょう。

《秘書アップ》

 

 

報ステ批判をしてますね。そしてコメント欄も安倍首相擁護で、秘書と(思われる書き込み)と同じように報ステやマスコミ批判一色。Facebookは個人名で書き込みがされるのでそれらをいちいちここで晒したりはしないので、リンク先Facebookで報ステ批判をどうぞです。。

 

一方でTwitter

・ゲンダイ

 ・ハフィントン・ポスト

 ・安倍 1分での検索結果

 

Twitter全体で見ると安倍首相批判派もいるし、報ステ批判派もいる。ただゲンダイのTwitterだとリプ欄は圧倒的に安倍首相批判派が強い。ハフィントン・ポストだと半々くらいかな?Facebookの人たちとは意見がまるで違う。

 

この話題、どちらが正しいかどうかではなく「ネットは広いのに、同じような考え方を持つ人しか集まらず、それ以上に議論が進行しない」事が問題だと思うわけです。

 

そもそもどちらの言うことにもある程度の理があり、ある程度おかしな事があるわけです。

マスコミ批判をしている人たちは「本来収録遅延などせず59分に収録は終わっていた事」をわりかし無視しているし、安倍首相批判をしている人たちは「そもそも安倍首相批判ありきで記事が書かれてる(ゲンダイなんて特に)」事をあまり考慮せずに乗っかっている。お互いにもうちょっと一歩引いてみたらいいのに……。

首相動静では59分に収録が終わった旨が記載されている事も見た方がいいよ。)

 

似たような考え方の人が集まっているから「きっと自分の考えが正しい」→「自分の考えは正しかった」に行ってしまいます。

たとえ相手の言う事が気に入らなかろうとも、政治の話題なら積極的に反対意見も見て吟味してみるべきだと思うんですけどね。。それすらしてない人があまりに多くないですかね。。自分の支持してる側の主張だけを見て、支持してない側の方は「ろくに調べずに事実確認した気になって批判」している人たち。これじゃあいろんな人たちがいろんな主張をしているのが虚しいだけだよ。

 

こんなしょうもない話題ならそもそも何がどうだろうと、あまり大勢に変化はないはずですが、こうやっていくと他の話題でも「似たような人しか集まらないで議論もせずに既成事実化していく」事が起きるよ? そんな風に既成事実化したものだけで批判、賞賛がされるなんてこわい事じゃないんですかね。。

 

せめて当日の首相動静くらい見てから語ろうよ。収録が「59分に終わった」という事を知っているか知らないかでまた言う事がきっと変わってくるはずなのに。 。ねぇ。