好きなことをだらだら書くブログ
最近東方の事しか書いてない

Twitter

 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東方同人誌感想とか書いてみよう  700冊目

1冊目を何にしたのかすら読み返さないと覚えてない人間だし文章は適当だしで、やる意味あるのだろうかとたまに思いつつも、誰もやってないから誰かが大量にやらないといけない、と思って大量に東方同人誌書こうと思って始めたのも700冊目まで辿り着く。需要がなくともそれを無視して続けられるのがブログの良さだと思う。

とはいえ最近はアクセス数毎日100以上はあるしで読まれているのかもしれない。読んでいる人には感謝です。

 

700冊目は予告してたようにレミ咲もの。本当は他のレミ咲本の感想予定だったけどもこれ読んだらこっちに変えざるを得ないよね。。

KirororOさんの『Rest in Peace』

f:id:hanbunningen:20130318144548j:plain

 

f:id:hanbunningen:20151001000628j:plain

f:id:hanbunningen:20151001000655j:plain

f:id:hanbunningen:20151001000738j:plain

幻想郷で起きる連続怪死事件、妖怪が犠牲になっていてついに紅魔館のメイドのめーりんも犠牲になる。その犯人は……。

 

1~3巻まではpixivにあります。4巻でようやく完結。全部で200ページ以上ある大長編レミ咲漫画。下の感想は4巻までの感想なのでネタバレ注意。4巻まで読んでから読みましょう。

【東方】「【web再録】Rest in Peace Ⅰ【レミ咲】」漫画/kirero サンクリG02a [pixiv]

【東方】「【web再録】Rest in Peace Ⅱ【レミ咲】」漫画/kirero サンクリG02a [pixiv]

【東方】「【web再録】Rest in Peace Ⅲ【レミ咲】」漫画/kirero サンクリG02a [pixiv]

 

作者さんの好きなレミ咲を全て詰め込んだような本、出会いもあり別れもある。グロテスク描写注意とあるけれども綺麗な絵なのでほとんどグロくは感じない作品。

1巻のあらすじは???ってなる設定のあらすじで、初読だとちょっとわかりにくい構成なので適当な解説(たぶん間違っている)。4巻まで読んでこそ1巻最初のページの意味がわかってくるような話だよ。

 

これはいろんな世界でのレミ咲が描かれる話で

・めーりんがメイドで咲夜さんはレミリアやめーりんを襲い殺す幻想郷(1巻レミリアの現実)

 

・咲夜さんがレミリアを殺そうとするもレミリアを殺さない、逆に従者にならない?と誘われるも咲夜さんはそれを断る、そして咲夜さんは村人に殺されてしまう世界(2巻レミリアの現実、3巻咲夜さんの回想)

 

・村人に殺された咲夜さんが何故か生まれ変わりレミリアに再び挑む世界(2巻最後~3巻レミリアの現実)

 

・咲夜さんがレミリアの前で死んでしまう幻想郷(1巻冒頭、最後のレミリアの夢、2巻冒頭、3巻最後、4巻前半、後半のレミリアの現実)

 

・全てを理解したレミリアだけどもそれを受け入れられない。咲夜さんはそれでも最後の別れをしようとして…の世界(4巻中盤のレミリアのあの世なのか夢なのか曖昧な世界)

 

これは全て”4巻で咲夜が死んだ世界を受け入れられないレミリアが何度も運命をやり直そうとして失敗し、結局は咲夜さんに救われる話”でもあって、最終巻まで読まないと分からないような構成になっている。

各世界も各世界に干渉している不安定な感じなので3巻までだけで解釈しようとするとすごくわかりにくいものの4巻を読んで意味がわかると”咲夜が死ぬ運命を強引に捻じ曲げようとしたレミリアの創った不完全な世界”って解釈になるし???な設定の部分もかなりすっきりとなるよ。絶対に失敗するときっとわかっているはずなのにそれでも成功するまでこれを続けようとするレミリアの咲夜に対する愛情、それを愛情故に受け入れない咲夜。これはすごくいいレミ咲ですよね…。ってそれしか言えなくなる。

 

勿論3巻まででも充分素晴らしい作品なんだけども4巻では”咲夜さんを食べて一つになるレミ咲”というすごいものが描かれているし、他の缶以上にレミ咲成分が多めなのでやっぱり全部読んでこその作品だよ。

4巻のレミ咲会話はお互いの信頼関係も未練も愛情も全て詰め込まれているような会話で3巻までの話はこの会話のためにあったんじゃないのかと思えるくらい。の台詞。

 

800冊目もここで感想書く予定だったレミ咲ものでいくよたぶんきっと。と予告をしてみる。こうして予告する事で何の咲マリものを紹介するかを楽しみに待っている人がいれば(いないね)。